離婚した時の体験談です。

私は昨年離婚しました。子供は2人います。私たちの離婚原因はセックスレスと夫の浮気です。実は夫は毎晩遅くまで飲み歩いてきて夜遅くに私の事を起こします。そして性行為を許容するのです。私は毎晩地獄のようでした。しかも幼い子供が2人横で寝ているにもかかわらず何も考えていない夫に毎晩腹が立っていました。男の人は本当に勝手だと思います。自分の欲求が満たされればそれで成り立つと思っていますのでいつしか私の心は憎しみや恨みに変わっていました。毎晩嫌がっている私に夫が一言言い放しました。お前なんかとっくに飽きたんだよと言ったのです。そして俺には彼女がいるんだよと言い放しました。でも私はびっくりするところがこれで毎晩の性行為を求められなくていいので安堵の表情さえ浮かべてしまいました。夫婦と言うのは赤の他人ですので何を考えているのか分からない部分はかなりあります。それに幼児の前で夫婦がそう言った行為をすると言う事は幼児虐待にもつながると思います。それに子供は意外と親の言動を見ています。子供には私達がしている事は全てお見通しです。現在夫は彼女のマンションに一緒に住んでいます。私達は円満離婚にしたかったので弁護士なのは通していません。私が心配でしたのは子供の養育費と自分達の生活費でしたので、離婚弁護士のホームページで確認しました。夫は毎月決まった額を振り込んでくれていますので私のパート代と合わせて生活しています。子供達にとっては最高のお父さんでしたので私に落ち度があると言われてもそれはやむを得ないと思います。それは私自身も毎日苦しい思いをしていましたのでそれを分かってくれるのはやはり両親しかいません。両親だけはその事を分かってくれました。現在私はとても幸せです。夫もきちんと生活費と養育費を振り込んでくれていますし、夜の性生活がないのは何よりも私自身が幸せに感じています。シングルマザーになった現在は子供達をしっかり育てて恥じないように頑張っていきたいです。

カテゴリー: 私の思い出 パーマリンク