祖母の遺言について

祖母の遺言について。私の祖母は83歳で亡くなりました。それまで1度も入院などしたことなかったのですが、心臓が弱ることによる体力の低下もあり、人生で初めて入院し半年間結局家に帰ることなく病院で死を迎えました。
そんな祖母ですが、自分の色を悟っていたためにきちんと遺言書を作っていました。まずは用紙ではなくともマスオさんとして自分に尽くしてくれた私の父親に対しての恩返しです。何もなければ全ての財産は実施である一人娘の母親に行くことになるのですが、そこをあえて父親に半分行くように遺言書に記すことにより感謝の意を伝えることにしていました。
さらに孫である私と弟にも現金を残してくれていましたのでお小遣いとして使うように封筒に入れてくれていました。これは生前贈与として税金がかからないと言うことで自由に使っていいと言うことです。
また、自分が嫁いできてからずっと住んでいた家、そして後については母親に全て譲ることにしていました。自分が亡き後、農業で行くかどうかは父親と母親に任せることとして理事をしないつもりで考えた末のことです。結局ここについては農地以外に転換できないので減反や休田をしながら活用していくしかありません。
そして祖母は病床の中で私と私の弟、それぞれの家内、そして3人の曾孫に対してもメッセージを手紙として書き添えて残してくれました。いずれもそれぞれの人格の上昇や短所を明確に示していて人生の道標になるような内容です。
ひ孫達も私の娘は大学生と高校生、弟の息子も小学生と言うことである程度その内容も理解できるようになっていました。これは遺言書としてお金や土地の権利のことを記載していませんが、祖母からの大事な天国からのメッセージとして彼らも心に留めて生きていくことだと思います。個人的にもお金の時だけではなく、残された者たちに移行したメッセージを残していく事は本当の意味での遺言ではないかとこの時に感じました。

カテゴリー: 私の思い出 パーマリンク