元気なうちに考える遺言の大切さ。

遺言なんて事はドラマの中の世界の話というイメージが大きくありました。

しかし、5年前に夫の祖父が亡くなった時に遺言書がなかった為にちょっとした騒動になりました。
騒動と言うのは、夫の祖父の妻はもう他界していて、子供は夫の父、妹、弟がいました。
しかし、夫の父は既に他界をしている為に、相続は他界した義理の妹、弟と私の夫にも権利があると思っていました。
(義理父の妹も弟も独身なので)

しかし実際に葬儀が終わり、いろいろと蓋をあけてみたところ、遺言はないから相続は他界された祖父の妹と弟でするから、夫には放棄のはんこうを押して欲しいと言われたのです。

しかし、一時は騒然となり、夫の母は凄く怒り心頭で弁護士さんをたてて話し合うというところまでいきましたが、夫は身内同士ではお金の問題でもめたくないからと、義理母や私を抜きで、放棄のはんこうを押していたのです。

お金は1円でも多く欲しいのが本音でしたが、夫には義理母も私も子供も不自由なく過させてもらっているので、納得するしかありませんでした。
しかし今でも祖父が元気なうちに遺言書、もしくは遺言を言い残してくれていたら・・と強く思う事も正直ありました。

また夫の実家の遺言をめぐり、その事を教訓として、私の両親にも遺言の大切さを伝えました。
まだまだ元気と思っているならば、その脳も身体も元気なうちに遺言のことをきちんとして欲しいと伝えさせてもらいました。

私は長女ですが、弟、弟がいて三人とも家庭があります。今はそれぞれ生活をしているので、相続の事でもめる事は避けたいです。
父が最近、遺言の事はきちんとしたから大丈夫だと一言だけ言ってくれたので、私は父親の事を信じています。

下の弟はうちは遺産のことでは絶対にもめないから大丈夫だよと、笑い話にしていましたが、今は弟の気持ち一つではなく、それぞれ妻や私にも夫がいるので、余計に遺言は大切になってくると感じています。

それをまだ笑って大丈夫だと言える弟はまだまだ考えが甘いと感じました。
元気なうちにみんなで考える遺言のありかた・・私はとても大事だと感じます。

カテゴリー: 他の人からの参考 パーマリンク